着物の帯に関する大事なポイントとは

着物と帯の組み合わせ方とは

着物を美しく着こなすうえで重要なことは、その着物にどんな帯を合わせるかということです。いくら着物の柄にこだわって素敵なものを選んだとしても、選んだ帯によってその着こなしが良くも悪くもなってしまうのです。ではどのようにして合わせたらいいのでしょうか。ポイントは3つあります。まずは格を合わせることです。服と同じようにTPOに合ったものを選ぶことが大事になります。
着物と帯とで格が違うものを合わせてしまうのはよくありません。次に色や柄を合わせることです。着物と同じ紋様の帯を合わせることで全体の着こなしにまとまりが出てしっくりきます。柄にも格があるので、あまりに違う柄を合わせてしまうとおかしな着こなしになってしまうので注意が必要です。色は同系色で合わせることで上品な雰囲気になりますし、反対色を合わせることで個性的な印象を与え粋な着こなしをすることができます。
最後のポイントは素材です。染めの着物に染めの帯や、織の着物に織の帯など多種多様な組み合わせがあり、どれを選ぶかはその人の好みと着て行く場所によって変えればいいことです。着物と帯を上手に合わせるには、まずはそれぞれどのような種類があるのかをしっかりと把握することから始めてみるのが良さそうです。

帯のコーディネート方法

着物と帯のコーディネートはかなり重要になってきます。夏に絽の着物を着た時には絽の帯を締め、帯締めや帯揚げも夏用を使用します。成人式などに着る振袖に使用する帯は豪華なものが良いとされています。その為、購入した場合などは着物よりも帯の方が高価だったということも少なくありません。着物に合わせる場合も色や柄をコーディネートすることが大事です。
留袖などの場合、着物の柄がゴールド系であれば、帯もゴールド系で合わせるときれいにまとまります。この色合いが違っているとまとまりの悪い印象になってしまいます。
着付けをする場合のことを考えると長さも大事なポイントです。体型が太めの方には長尺という長めの帯ではないと帯結びやお太鼓を作る際、長さが足りなくなってしまいます。
着物のレンタル店によっては帯もコーディネートしてくれるお店と着物と帯がセットになっている為自分で選べないお店とあります。普段、着物を着る機会が少ない方にとっては着物に合わせた帯を選ぶというのが難しい場合もありますので、お店の方と相談しながら選びましょう。着物を着た際、帯は体の真ん中にくるので見た目にも目立つポイントなのでこだわりたいところだと思います。

News Post

2017年09月22日
カラーコーディネートの本を参考にしようを更新しました。
2017年09月22日
着物の帯に関する大事なポイントとはを更新しました。
2017年09月22日
種類が豊富にある帯の魅力を更新しました。
2017年09月22日
いろんなサイトと比較しながら着物の帯を探すを更新しました。

Copyright(C)2017 着物と帯を上手にコーディネートする方法 All Rights Reserved.