簡単に着けられる帯を活用しよう

着け外しが簡単になった着物の帯

日本人でも着物を着る機会はめっきり減ってしまいました。現在着物を普段から着て生活している人はかなりの少数派だと思います。男性の着物と言えば着物を前で合わせて、きゅっと帯を締めれば良いだけなので簡単ですが、問題は女性の着物です。京都の舞妓さんは見ているだけで窮屈そうですが、あれは何枚も肌着を重ねて、さらに帯を後ろできつく締めてやっと完成します。しかも着付けは専門の人がやらないとすぐに崩れてしまうので、技術も要求されます。
舞妓さんは仕事だから、我慢できるのでしょうが、普通の人はまず私服で着ようとは思いませんね。機械があったとしても、せいぜい結婚式くらいでしょうか。結婚式なら、例えばホテルで披露宴を行う場合、専門のスタッフが着付けをしてくれますので、時間が経っても帯が崩れないようにしてくれます。こうして見ていくと、いまとなっては着物も特別な時しか着ないものになりました。
けれども、着物は日本の伝統衣装なのですから、それはもったいないな、とも思うのです。着物は帯が一番面倒なのですが、最近ではベルトのように簡単に装着できる帯というものがあります。これならプロでなくても、着物が着られますね。着物に興味のある方はぜひ簡単に着けられる帯を活用して、着物に挑戦してみてはいかがでしょうか。

浴衣帯なら1000円以内で

和装をしよう思い、必要な物をそろえる、どれほど安いものでも数万円を超えてしまいます。中でも夏はお祭り、着付け教室、お茶のお稽古とちょっと気軽に着物を着る機会がある人でも、洋服を着ることを考えると、一桁違ってしまい、つい億劫になる人もいることでしょう。でも、着物の良いところは、多少の流行があっても何年も着ることができること、体型の差もあまり気にならないことです。そのため、家にお母さんの浴衣、お姉さんの浴衣があれば、お祭りで着てみたいと思っている人もいると思います。
それなら、せめて帯だけでも今風のものを購入しようか、とスーパーなどに行くと、最近は割りやすのポリエステル性、ミシン縫い浴衣と帯がセット販売になっているものが多く、帯だけを買おうと思うと、意外と高くついてしまいます。かといって、それだけのために呉服の専門店に行くのも気が引けてしまうという人は、通信販売を探してみてはいかがでしょう。
浴衣用の帯なら、なんと1000円以下でも、ネット通販の商品としてあげられています。中には、作り帯ができていて、素人でも簡単に結ぶことができるものもあります。中には西陣織という物もありますが、家で洗うことができるものも多くなり、浴衣帯だけでなく、半幅帯なら、お茶のお稽古にも便利です。着付けのおけいこなら名古屋帯で2000円代もあります。ぜひ、のぞいてみてください。

お客様の笑顔のためにとことん尽くします! 着物を愛するファンのお客様に喜んでいだだくばかりでなく、仕入先の問屋、染め物屋、織屋さんにも好評の実績があるお店です。 季節に応じたコーディネートの特集や、在庫処分コーナーなどのイベントも常時開催中なので是非チェックしてみて下さい。着物の帯なら種類豊富な「京都きもの市場」

News Post

2017年09月22日
カラーコーディネートの本を参考にしようを更新しました。
2017年09月22日
着物の帯に関する大事なポイントとはを更新しました。
2017年09月22日
種類が豊富にある帯の魅力を更新しました。
2017年09月22日
いろんなサイトと比較しながら着物の帯を探すを更新しました。

Copyright(C)2017 着物と帯を上手にコーディネートする方法 All Rights Reserved.